あなたは自分の髪にちゃんと気をつかっていますか?間違ったケアを続けていれば大変なことになりますよ!

最初にやったのは食生活を徹底的に見直しました。

髪と食生活

薄毛や抜け毛の事で悩んでいる人は、一体どういう育毛法を行っているのでしょうか。
いろいろ調べてみると、外から髪をケアすることも大切だけど、
内側からケアすることも同じくらい重要だということが分かりました。
中からケアするということは、つまり髪に良い食べ物を摂取するということでしょう。
私の場合、食事はコンビ二弁当やらインスタントラーメンなどが中心で、お酒もけっこう飲んでいたので、
食生活はハッキリ言って荒れていました。
なので、まず食生活を徹底的に見直すことにしました。
立派な髪の毛を作るために必要なのは、まずたんぱく質です。
髪の毛は、主にたんぱく質(アミノ酸)から成り立っているので、髪の毛の健康を取り戻すのに最も大切な栄養素だそうです。
つまりたんぱく質(アミノ酸)が不足していると、髪は成長しないので必ず摂取しないといけません。
動物性たんぱく質というのは肉や魚や卵に含まれていて、植物性たんぱく質というのは豆類に多く含まれていると言われています。
育毛や健康の問題を考えたら、どちらかというと植物性たんぱく質を多めに摂取した方が良いかもしれません。
動物性たんぱく質を取りすぎると、内臓の機能も低下して肥満になりやすくなります。
肥満になると、汗っかきになって皮脂の分泌量が増えて、頭皮の環境が悪くなるでしょう。
また血液循環も悪くなり、抜け毛が増えやすくなるはずです。
髪に大切な栄養素はたんぱく質のほかに、ビタミンがあります。
ビタミンは、レバーや青魚、卵やチーズなどの乳製品、豆類などに含まれるビタミンB2や、
サケやマグロ、肉やバナナに含まれるビタミンB6などが良いとされています。
それとビタミンEも血管を広げる作用があるので、育毛には重要な栄養素になります。
また、亜鉛などのミネラルも欠かせません。
亜鉛は、たんぱく質が髪の毛に合成されていくときに必要な栄養素なのですが、亜鉛が入っている食品が少ないので不足しやすいのです。
牡蠣やうなぎ、レバーに多く含まれていますが、摂取しにくい場合はサプリメントで補うのも良いでしょう。
とにかく、育毛のためには食生活を改善する事が大切だと思います。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional