あなたは自分の髪にちゃんと気をつかっていますか?間違ったケアを続けていれば大変なことになりますよ!

髪の毛の事で、それから何事にもすっかり自信を無くしました・・・

髪と自信

友人に「お前、ハゲてるんじゃないのか?」と指摘されてから、私の人生は暗転しました。
自分の髪が薄くなってきているのだと自覚して、クヨクヨ落ち込んでいました。
私があまりにも暗い様子なので、初めは心配してくれていた彼女も、
だんだん苛立つようになってきたみたいで。
よくケンカをするようになってしまいました。
そしてついに、
「あなたみたいなグズのハゲ、恥ずかしくて友達にも紹介できないわ!」
そう言って彼女は出て行ってしまいました。
売り言葉に買い言葉もあったのだろうけど、
2年間一緒にいて、一度もそんな事言われたことがなかったのでショックでした。
しばらくして彼女は戻って来ましたが、無言。
彼女からは謝罪の言葉もなく、私達は別れました。
それから3ヶ月。
彼女の強烈なセリフは、まだ私の胸の中で刺さったままでした。
かろうじて普通に生活はしていましたが、何をするにもやる気が出なくて、自信をなくしてしまいました。
朝、鏡を見ると、確かにハゲの情け無い男がいます。
こんなん頭じゃ振られても仕方ないな・・・とか、
もう私の事を好きになってくれる女性なんていない・・・と、ネガティブな思いでいっぱいです。
誰に「ハゲ」と言われようとも、私には彼女がいるから大丈夫だと安心していたんです。
なのに彼女がいなくなってしまって、絶望的な気持ちになりました。
髪の事がそんなに気になっていたのなら、言ってくれたらよかったのに・・・。
何も話せないまま別れてしまったので、私の中では色んな事が消化不良のままです。
ところが、昨夜、私と彼女の共通の友人からメールが来て、
「彼女がお前の事を心配してたみたいだよ」という内容だったので、ビックリしました。
もしかしたら近いうちに、彼女から復縁したいという連絡が来るかもしれません。
いや、そんな期待はしない方がいいのかもしれないけど、なぜか少し心が弾みます。
いつか再会した時に、少しでも良い男になっていたいので、頭皮育毛マッサージでも始めてみようという気になりました。
まだ自信は取り戻せないけど、少しずつ前を向いて頑張っていこうと思うようになりました。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional