あなたは自分の髪にちゃんと気をつかっていますか?間違ったケアを続けていれば大変なことになりますよ!

同僚の一言で自分の薄毛に気づいた大学2年次!

このブログを公開しようと考えた理由

当サイトをご覧頂き、誠にありがとうございます。
このサイトを公開しようとおもったキッカケ・・・それは私がハゲからの完全復活を果たしたからです。

自分がハゲていることに自覚を持ったのは忘れもしません。大学2年のときでした。

・・・・

青春を謳歌していた私でしたが、まさか自分の髪が薄くなるなんて思いもしなかったのです。ふつうに他の生徒と同じようにシャンプーをつけて髪をゴシゴシ洗いますし、整髪料もガンガンつけて毎日を過ごしていました。

私は法学部だったのですが、たまたま高校時代から興味のあったワンダーフォーゲル部に入部してました。

法学部って覚えることがたくさんあってすごく大変だったのですが、学業とワンダーフォーゲルの両立、さらに週に2回ほどのアルバイトをこなす忙しい日々でしたが、それなり充実したように思います。

ですが!

そんな充実していた日々も友人にある一言で一変してしまうのでした。

え!?なにがあったの!?

と思っている人も多いと思いますが、部活の集まりで飲み会をしていたときのこと。

かなり酔っぱらっていた一人の友人が私の後頭部をしきりに眺めているのです。

・・・

ん?どうした?

と私は彼に説いたところ、「タカシ、お前、後頭部が薄くなってないか?」

と一言。

この人からそれまで順調に進んでいた私の人生は一変するのでした。

髪の毛一つでここまで人生が変わるのか!?

それから正直言って毎日地獄でした。自分が子供の頃に絶対になりたくない大人の代表格がハゲでしたからね。

誰しも子供の頃はハゲたくないって思うと思うのですが、私も例外ではありませんでしたよ。

「見た目なんてどうでもいい!」

とか平然と言ったりする人っていると思うのですが、決してそんなことはありません。自分がそのことは一番よく痛感しています。

初対面で会った人とかも「この人髪が・・・」って絶対思っているはずなのです。それを証拠にしばらくしゃべっていると視線が上に上にと上がっていくのです。

心の中では気にしたらいけないと思っていても、相手からしてみればどうしても気になるんでしょうね。

とにかく、ルックス的に劣るということは不利なのです。特に20代という若い世代に関してはそれが顕著に表れるのです。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional